中国製・カラコン

中国製のカラコンは危険?

中国製カラコンは安い?


皆さんはカラコンを選ぶ際にどんな基準で選んでいますか?
安全性、デザイン、デカ目効果など色々ありますよね?
多くの人がデザインと値段で選んでいるのではないでしょうか?
確かにかなり安い値段でネットやドラッグストアなどでもカラコンは手に入りますよね。

 

しかしネット上で驚くべき口コミや記事を見かけました。
・カラコンが届いて、開封したら虫が湧いていた!
・カラコンについていた寄生虫が目の中で育ってしまった!
・カラコンを綿棒でこすったら着色が簡単に落ちてしまった!

 

などなど…かなり衝撃的な話ばかりですよね。
ちょっと信ぴょう性に欠ける話もありますが、
これだけたくさんの話があると言う事は、あながちウソとは言えないのではないでしょうか。

 

実はこの話、すべて中国製のカラコンでの話なのです。
今まで気軽に使っているカラコンですが、実はこんなに危険なものなのだと考えさせられますね。
大事な目に直接つけるものですから、やはり値段やデザインだけで選ぶのは無謀なのではないでしょうか。

 

確かに中国製のカラコンでも安全なものはたくさんあります。
逆に日本製だからと言って単純に信用してしまうのも良くありません。
ですから、値段が安いからと言って安易に飛びつくのではなく、安全性についても考慮しなければ
大事な目にトラブルが起こってからでは遅いのです!

 

それでは安さだけでなく、どんな基準でカラコンを選べばよいのでしょうか?
まず基本的にはサンドイッチ構造のカラコンを選ぶことが第一です。
サンドイッチ構造とは一昔前のカラコン ドライアイのレンズに直接着色を行っているものではなく、
薄ーいレンズとレンズの間に着色したものを言います。
これであれば眼球に直接色素が当たることはありません。
また、着色がこすれて取れるようなこともないのです。

 

よく中国製は危ないとか言われますが中国製はプリントのみのカラコンが多い為危ないだけです
ちゃんと購入前に調べれば、どこのカラコンでも着色が剥がれる心配はなくなります。
日本製でもサンドイッチ構造ではないカラコンも多少ですがあるようなので、
構造は確実に確認しましょう。基本的にはホームページに記載してあるはずですが、
記載のない場合は怪しいと思って間違いありません。問い合わせてもおそらくサンドイッチ構造ではないと思います。

 

中国製・日本製に限らず、カラコンは安さだけで選んでしまうと目のトラブルの元です。
安易に値段やデザインで買うのではなく、きちんと目の安全を考えてカラコンを購入しましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ