中国製・カラコン

中国のカラコンから色素が溶けた!?

中国のカラコンから色素が溶けた!?


中国で販売されているカラコンが色素が溶け出しているとネットで話題になっています。
綿棒でちょっとこすっただけで黒く着色している色素がとれてしまっている写真が掲載されていました。
こんなに簡単に色素が取れてしまうと言う事は、目にもかなりの悪影響があると思って間違いありません。

 

中国で作られるカラコンはサンドイッチ製法やセミモールド製法と言った、
色素をレンズの中に閉じ込めて眼球に触れないようにする製法は使われていないことが多いです。
おそらくコストがかかるため、低価格で販売するために簡単に作ることのできる製法で作られているようです。
日本製の場合はこの部分において厳しい審査があるので色素が直接目に触れるようなカラコンは現在販売されていません。

 

このように中国製のような粗悪品と言われるようなカラコンは目の健康のことなどは全く考えていない事が多いです。

 

しかし価格が安く、ネットなどで処方箋なしで購入できるため、知識がない若い子たちはこのような中国製のカラコンを購入ている人が多いですね。
しかも日本製よりも着色部が大きい物が多いので人気になりやすいようです。

 

韓国や中国などの激安カラコンを購入している人はとても多いと思いますが、
このような危険性があると言う事は忘れないでください。
そして何か目にトラブルが起きても、個人輸入扱いでの購入なのでまったくの自己責任となることは覚悟しておきましょう。

 

失明などの最悪の事態を避けるためにも、カラコンを使用しているときは定期的に眼科医の診察を受けるようにすると安心です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ